【英検対策】リトルチャロ問題集

エピソード1「Lost in the Airport 空港の迷子犬」

何回もアニメを見て、動画のセリフをすべて暗記しましょう。
【日本語の部分】を、英作文してみてください。
クリックすると、解答(英文)が表示されます。

★This is JFK Airport in New York. It’s one of the world’s largest and busiest airports.

★It’s a 春の穏やかな afternoon.

★Today, something unusual is まさに起ころうとしています。

★What’s 私の女の子に長い時間がかかっている to come out?

★Is your pet a dog?

★A dog? 冗談でしょ? I hate dogs. They bark too much.

★My Shirley is a beautiful snake with very beautiful stripes, 【本当に。】.
indeed

indeedの使い方
Thank you very much indeed. 本当にどうもありがとう.
It’s useful, indeed indispensable. それは有益だ, いや本当に, なくては済まされないものだ.
Indeed it may be so, but it is not so always. 本当にそうかもしれないが, いつもそうとは限らない.
He won the first prize.—Indeed? 「彼は 1 等賞をもらいました」「おや本当に?」

★Oh, I see.

★That’s it! That yellow pet cage over there.

★【何かあったのかしら(何が悪いのかと不思議に思う。)】
I wonder what’s wrong.

I wonderの使い方
I wonder~「~と不思議に思う」
《I wonder 疑問詞 S+V~》
I wonder why.なぜなんだろう。
I wonder who the girl was.あの女の子は誰だったのかしら。
I wonder how much this ring will cost.この指輪はいくらするかなあ。
I wonder when he had time to do it.彼はそれをする時間がいつあったのだろう。

What’s wrong(with~)?の使い方
You look pale. What’s wrong? 顔が真っ青。具合が悪いの?
What’s wrong with my computer?僕のパソコンはどうしちゃったんだ。

★【〈驚きあきれるようす〉なんと!】 There’s a dog in my cage!
Oh my!
★Hell, friends. You have just met 【私たちの物語の主人公】.
the hero of our story
★【この白い子犬の名前はチャロです。】
The name of this little white dog is Charo.
★【なんてことなの!】 Shirley! Shirley, my dear girl ! Where are you?
Heavens!(驚きを表す言葉)

*単数形:Heavenは、「天国」の意味。

★【警備員たちがチャロを追いかけてきます。】
The guards come after Charo.
★Hey! Wait, you 【ワンちゃん(犬の可愛い呼び方)】!
Hey! Wait, you 【doggie】!

★ふー、あぶなかった。ここどこだろう?なにがどうなってるの?

★Charo is a Japanese dog.

★He came to the United States on a vacation trip with his【飼い主】Shota and his father.
He came to the United States on a vacation trip with his【owner】Shota and his father.
★But 【何かがおかしいです】
something went wrong.

*アプリやウェブサイトなどのエラーメッセージとして、「something went wrong.」がよく表示される

★At that very moment they were on an airplane, 【家へ引き返しています】.
At that very moment they were on an airplane,【heading back home】.

~に戻る、~への帰途に就く=head back to~

go to = head to
going to = off to

★On the other hand, Charo has found himself alone in a big, big airport.

★Hey, 【何か問題?】【トラブルがあった?】
【what’s the matter?】【Are you in trouble?】

★えっと.. Y, yes. Help, please. えっと..は、はい・・助けて・・・ください。

★Sure, but first tell me. what’s wrong.

★I … I don’t know. I was … in the airplane.

★But suddenly, I’m here. What happened?

★【どこへ行くところだったの?】
Where were you supposed to go?

★にっぽん!To … to Japan … with Shota. He loves me.

★【どうやら大変な手違いがあったようね。】
Sounds like there was a big mix-up.

★Hey, you’re completely lost.

★Lost?

★This is New York, little doggie.

★And 【子犬は許されていない】 on airplanes just by themselves.
doggies aren’t allowed
★【かわいそうなことに】, you’ll never get back to Japan.
Poorthing
★Wha・・・【私は何をすべきですか?】
what should I do?
★I really don’t know. 【私があなたのためにできることは何もないわ】
There’s nothing I can do for you.

★そ、そんな。 Please don’t say that.

★The guards came back again, still looking for Charo.

★Hey, It’s dangerous here. You’d better run.

★ 【~があるはず】some kind of a car outside. Jump into one of them, and you’ll be safe.
There should be

★At least, safer than this place.

★Okay. Thank you. ありがとう。

★Charo finds 【小さいピックアップ・トラック】that’s just about to leave.
a small pickup truck
★【しばらくして】, Charo was able to see the Manhattan’s 【高層ビル(摩天楼)】approaching.
【After a while】:別解【after a little while】【over time】【after a certain time】
【skyscrapers】

★わー。なんておっきいんだろう。

★And 【これが始まりでした】of Charo’s wonderful adventures.
【this was the beginning】 of Charo’s wonderful adventures.

エピソード2「Far from Japan 遠い日本」

Charo is さまよって歩いた around town.

He feels so tired that he squats down by a fence.

疲れ果てて、フェンスの脇に座り込んでしまいました。

(Parking Lot 駐車場の係員)Hey! Where’d you come from?

おい、どこから来た?

This isn’t a place to rest.

ここは休む場所じゃないぞ。

(Charo チャロ)Woof!

ウォン!

(Parking Lot 駐車場の係員)This is the gate of a parking lot.

駐車場の入り口だ。

You’re blocking the way.

おまえ、道をふさいでるんだよ。

(Charo チャロ)えっ、じゃまなのぉ?

Woof woof!

ウォン、ウォン!

Manhattan is no longer a friendly town to Charo.

マンハッタンはもう、チャロにやさしい街ではなかったのです。

He moves, but his legs feel so heavy.

出て行けと言われても、足が棒のよう。

(Charo チャロ)I’m hungry・・・ (whimper)

おなかすいたなぁ・・・(か細く鳴く)

Yes, Charo is hungrier than ever.

チャロはもう腹ペコです。

But when he reaches the next crossing, he stops and looks up in amazement.

次の交差点に差しかかったときチャロは立ち止まり、上を向いて目を見張りました。

It is so pretty.

なんてきれいなんでしょう。

The tall buildings are all being lit up.

高層ビルが一斉にライトアップされていくのです。

And one of them seems familiar.

そのうちの1つに見覚えがありました。

(Charo チャロ)あ、あの高いビル。翔太と泊まったホテルの近くにあったやつだ。

翔太が探しに来るかも。行って待ってよう。

Down the street, the Chrysler Building is shining.

通りの向こうには輝くクライスラー・ビル。

Charo gets to 42nd St. and sees the hotel.

42丁目に着くと、ほどなくホテルが見えました。

He happily runs ahead but ・・・

喜び勇んで走っていきますが・・・

(Doorman ドアマン)Hey, you can’t come in here.

おい、入っちゃダメだ。

Shoo! Shoo!

シッシッ!

(Charo チャロ)Let me in.

入れてよ。

I was here before. Arf!

前にも来たんだよ。ワン!

(Doorman ドアマン)Go! Get going!

行け、行っちまえ!

Again Charo is kicked out.

また追い出されてしまったチャロ。

He now sees that a dog can’t get in places like this, unless he is with a human.

「犬はよく締め出しをくらうのよ、人間と一緒じゃないと」と言われたことの意味がわかりました。

He’s all alone now.

チャロはひとりぼっち。

What can he do?

どうしたらいいのでしょう?

He stumbles into the back alley of the hotel and lies down.

チャロは、よろけながらホテルの裏の路地で身を休めます。

Then suddenly・・・

そのとき・・・

(Charo チャロ)イタッ!

There, a great big boxer.

大きなボクサー犬がそびえ立っていました。

(Charo チャロ)Big dog・・・

わっ・・・おっきい・・・

(Dread ドレッド)Hey, who do you think you are?

オイ!なにさまだと思ってるんだ。

This is my territory.

ここはオレのなわばりだ。

(Charo チャロ)Oh! I’m sorry.

ご、ごめんなさい。

(Dread ドレッド)You’d better be.

あたりまえだ。

(Charo チャロ)Errr…sir…?

あの、おじさん・・・?

(Dread ドレッド)…Huh?

はぁ?

(Charo チャロ)Which way is Japan?

日本はどっち?

(Dread ドレッド)Japan?

日本?

(Charo チャロ)How long does it take … to Japan?

どのくらいかかるの・・・日本まで?

(Dread ドレッド)What?

なに?

(Charo チャロ)If I walk, how long?

歩いたら、どのくらい?

The big dog can’t believe what he’s just heard.

大型犬は耳にしたことが信じられませんでした。

(Dread ドレッド)Japan is … far.

日本は・・・遠い。

(Charo チャロ)It takes days?

何日もかかるってこと?

(Dread ドレッド)…

(Charo チャロ)Months?

何ヶ月も?

(Dread ドレッド)… You came from Japan?

・・・日本から来たのか?

(Charo チャロ)Yes, I got lost. At the airport.

うん、はぐれちゃったんだ。空港で。

I was going back to Japan.

日本に帰るところだったのに。

(Dread ドレッド)But now you can’t. Not any more.

それはもう帰れないな。無理だ。

(Charo チャロ)Why?

どうして?

(Dread ドレッド)Dogs can’t get on the airplane, not by themselves, you understand?

犬は一人じゃ飛行機に乗れない、わかるか?

(Charo チャロ)Arf!

ワン!

(Dread ドレッド)Japan is far far far away. For you, it’ll take more than a lifetime.

日本はな、うーんと遠い。一生かけても無理だ。

(Charo チャロ)Life…time?

イッショウ?

(Dread ドレッド)Yeah.That means you’ll be dead.

死んでしまうってことさ。

Listen, you’ve got to learn to live here.

いいか、おまえはここで生きていくことを学ばなくちゃだめだ。

Forget about Japan and get used to it here.

日本は忘れてここに慣れるんだ。

The big boxer starts to walk again.

大きな犬は去っていきました。

(Charo チャロ)うそ、うそだ。

Shota…Shota…(whine)

翔太・・・翔太・・・(クーン)

But at that moment…

と、そのとき・・・

(Dread ドレッド)Okay, okay.

わかった、わかった。

I’ll help you, but only for today.

助けてやる。ただし今晩だけだぞ。

Dread, the big boxer, carries Charo gently in his mouth and moves on.

この大きなボクサー犬ドレッドは、チャロをそっと口にくわえ、歩き出しました。

Charo sees the city lights moving back and forth, until comfortable, he feels hinself pass out.

街の灯が、前に後ろに揺らめいています。なんだか心休まる気持ちになったチャロは、だんだん意識を失っていきました。

エピソード3「Sweet Sausage Blues ソーセージの思い出」

The next morning, Charo wakes up in a back alley.

翌朝、路地裏で目を覚ましたチャロ。

No, he’s not in a dream.

夢じゃないことを理解します。

Just then something hits the ground right in front of Charo.

と、そのとき、何かがチャロの前に落ちてきました。

It’s a bagel.

ベーグルでした。

(Dread ドレッド)Eat.

食え。

(Charo チャロ)おじさん・・・

(Dread ドレッド)What? You called me?

ん?おれを呼んだのか?

(Charo チャロ)・・・うん。

(Dread ドレッド)Dread. My name is Dread.

トレッド。名前はドレッドだ。

(Charo チャロ)(in a small voice) Dread…

(小さな声で)ドレッド・・・

Thank you, Dread.

ありがとう、ドレッド

Charo jumps right to the bagel and munches.

チャロはベーグルに飛びついて、むしゃむしゃ食べ始めました。

He hasn’t eaten anything for such a long time.

ほんとうに長い間何も食べていなかったのです。

(Dread ドレッド)Adn you?

で、おまえは?

(Charo チャロ)ん?

(Dread ドレッド)What’s your name?

名前を聞いてるんだ。

(Charo チャロ)(munching)あ、えと、Charo. I’m Charo.

(むしゃむしゃ食べながら)あ、えと、チャロ、ぼくチャロです。

(Dread ドレッド)Charo, huh? Okay, Charo, you feel strong enough to walk now?

チャロか。オーケー、チャロ、もう歩く元気は出たか?

(Charo チャロ)Yes.

うん

(Dread ドレッド)Come on, then.

じゃ、来い。

(Charo チャロ)Where?

どこへ?

(Dread ドレッド)You’ve got to live by yourself, right?

一人で生きていくんだろ?

(Charo チャロ)Yes…

うん・・・

(Dread ドレッド)Then there’s a lot to learn. Come with me.

だったら学ぶことがいっぱいある。いっしょに来い。

Charo follows Dread, wondering where they’re going.

どこに行くのかと首をひねりながら、チャロはついていきます。

Soon they come to the door of a restaurant kitchen.

やがて2匹はレストランの勝手口の前へ。

(A woman comes out.)

(女の人が出てくる)

(Rosa ローザ)Dread! I almost thought you weren’t coming.

ドレッド!もう来ないんじゃないかと思ったわ。

And hey, you’ve got company!

あら、今日は一人じゃないのね!

Rosa is the person who runs the restaurant.

ローザはレストランの経営者。

Charo is struch by the charming way she looks.

チャロは、その魅力的な容姿にうたれました。

(Rosa ローザ)So, you’re still a little puppy.

まだちっちゃいのねえ。

What, I’ll bring something special for you.

待って、何かいいもの、持ってきてあげる。

(Dread ドレッド)She always does this, you know.

いつもやるんだ、これを。

(Charo チャロ)She’s kind.

親切な人だね。

(Dread ドレッド)Humph.

ふん

Rosa comes back from the kitchen and tosses a sausage to Charo.

ローザが厨房から出てきて、ソーセージをチャロのほうに投げます。

(Rosa ローザ)You like it? I’m glad, baby. It’s all yours.

好物なの?よかったわ、ベイビィ。みんあんたのよ。

A nice-to-meet-you gift.

お近づきのしるしね。

Ciao!

チャオゥ!

(Charo suddenly seems sad and sits in front of the sausage. Dread is watching him, while eating his share of leftovers.)

(チャロは急に悲しくなって、ソーセージを前にしゃがみ込む。ドレッドは自分にあてがわれた残り物を食べながら、チャロのほうを見ている)

(Dread ドレッド)What’s the matter? You don’t like sausage?

どうした。ソーセージ嫌いなのか。

(Charo チャロ)I love them.

大好きだよ。

(Dread ドレッド)Then eat.

なら、食え。

(Charo チャロ)Yes …

うん・・・

Charo brings his mouth to the sausage, but he can’t see it well.

チャロはソーセージを食べようとしますが、ぼやけてよく見えません。

His eyes are filled with tears.

目には涙がいっぱい。

(Dread ドレッド)Now what?

今度はなんだ?

(Charo チャロ)Sausage. Shota gave me sausage, too.

ソーセージ。翔太が最初にくれたのもソーセージだったんだ。

When we first met.

最初に会ったとき。

(Dread ドレッド)Who’s Shota?

ショウタ?

(Charo チャロ)My owner. I was just born. I thought I was dying, I was so hungry.

ぼくの飼い主だよ。ぼく、生まれてすぐに、死んじゃいそうだったんだ。おなかペコペコだったの。

Shota came and took me in. He fed me and saved my life.

翔太が拾ってくれたんだ。食べ物をくれて、いのちを救ってくれたの。

(Dread ドレッド)Hmm. Is he a kid, too?

ふん。そいつも子供か?

(Charo チャロ)Eight. Eight years old.

8歳、8歳だよ。

(Dread ドレッド)Humph.

ふん。

(Charo チャロ)I want to see Shota!

会いたいよぉ、

I miss him!

翔太に会いたいよぉ!

Suddenly Charo starts tocry.

突然チャロは泣き出します。

Dread seems embarrassed.

困ってしまうドレッド。

He isn’t really good around sad, crying puppies.

悲しくて泣いている子犬は苦手です。

Finally Charo sheds his last tear.

チャロはようやく涙を流しおえました。

(Dread ドレッド)Feeling better?

気が晴れたか?

(Charo チャロ)Yes. Thank you.

うん、ありがとう。

(Dread ドレッド)Then, eat.

なら、食え。

But Charo just looks at the sausage.

それでもチャロはソーセージを見ていました。

He then takes it in his mouth, walks over and drops it beside Dread.

そして口にくわえると、歩いていってドレッドの近くに落としました。

(Dread ドレッド)What?

なんだ?

(Charo チャロ)Let’s eat together.

いっしょに食べよう。

(Dread ドレッド)Thanks but no tahks.

ありがたいが、やめておこう。

It’s yours, boy.

それはおまえのだ。

Eat whenever you can, whatever you can.

食べられるときには、いつでも、なんでも食べる。

That’s rule number one in this city.

それがこの街のおきてだ。

Dread goes back to his own plate.

そう言って自分の皿に向かうドレッド。

At this moment, Charo realizes that somehow being close to Dread makes him feel safe.

そのときチャロは感じました。ドレッドのそばにいると守られている気がすると。

エピソード4「MERRY MARGHERITA 陽気なマルゲリータ」

It’s a bright, sunny morning.

明るく晴れた朝

A loud voice echoes from inside the Italian restaurant.

イタリアン・レストランから大きな声が響きました。

(Margherita マルゲリータ)Okay, okay.

オーケー、オーケー。

Oh, don’t you worry. Everything is going to be just fine.

心配いらない、ちゃーんと立派にやってみせますって。

(Dread ドレッド)Here comes the noisy one.

うるさいのが来たな。

(Charo チャロ)Who?

だあれ?

(Dread ドレッド)Margherita. She lives here, at the restaurant.

マルゲリータだ。このレストランに住んでる。

She’s got a big mouth, and she sticks her nose into everythig.

おしゃべりで、とてもおせっかいな女だ。

(Charo チャロ)Margherita… Sounds like pizza.

マルゲリータ? ピザみたいだね。

(Dread ドレッド)(lightly laughs)

(わずかに笑う)

Margherita comes out with a shopping basket hanging around her neck.

マルゲリータが出てきました。首から買い物カゴを提げています。

She sees Dread.

ドレッドに気づくと・・・

(Margherita マルゲリータ)Hey, Dread, I haven’t seen you for quite a while.

あーら、ドレッドじゃない。しばらくぶりねぇ

How’ve you been?

どうしてたの?

(She winks but Dread turns aside, not wanting to be involved.)

(そう言って、ウィンクする。ドレッドは横を向いたきり、かかわりたくなさそう)

(Margherita マルゲリータ)Oh don’t act like that.

やめてよ、そういう態度。

I thought we were friends, no?

わたしたち友達でしょう、違うの?

Come on, why don’t you give me a nice smile and talk for a change?

あのさぁ、にっこり笑って口を開いたらどうなの、たまにはさ。

(Dread ドレッド)Never thought you were my friend.

おまえと友達になった覚えはない。

(Margherita マルゲリータ)So you do hear me. Good! Anyway what a wonderful day!

あら、聞こえてるじゃないの。よかった。とにかく、今日はすばらしい天気ね。

Look at the beautiful… Oh my oh my!

ごらんなさいよ、美しい・・・ おやま、おーや、まあああ

Who is this little one, he’s so cute!

このちっちゃい子、だあれ?

Hey, what’s your name?

ねえ、なんて名前なの?

Never seen you before, have I?

お会いするの初めてよね。

(Charo チャロ)あ・・・あん?

(Margherita マルゲリータ)Yes I’m talking to you, little prince.

そうよー、あんたよ、あんたに話しかけているのよ、ちっちゃい王子さま。

Oh, what a sweet thing!

もう、ほんと、かわいいんだから!

Charo just stares at her, with his mouth open.

チャロは口をあけて、マルゲリータを見つめるだけ。

Finally he says …

ついに・・・

(Charo チャロ)Ahh… おばさん

あああ・・・ おばさん?

(Margherita マルゲリータ)What’s that?

えっ、なに?

What did you say?

今なんて言ったの?

(to nobody) Well, whatever.

(誰にともなく) どうでもいいわ。

I’m Margherita. Call me that, okay?

わたしはマルゲリータ。そう呼んでね、いい?

(Charo チャロ)Uhm… Could you speak more slowly… please?

あの・・・もっと、ゆっくり、しゃべって・・・くれますか。

(Dread ドレッド)He just came from Japan.

日本から来たばっかなんだよ。

Your machine-gun talk is too fast for him.

あんたのマシンガン・トークじゃ速すぎるってさ。

(Margherita マルゲリータ)Oh my, you came all the way from Japan?

あらまあ、そーんな遠いところから来たの?日本から?

Un-be-leee-vable. O-kie-do-kie.

アンビリーバボーね。わかったわ。

My name is Margherita. Mar-gheh-ree-tah.

わたしの名前はマルゲリータ。マル・ゲ・リー・タ。

And what’s your name, darling?

それで、あんたの名前は?

(Charo チャロ)Charo, my name iss Charo.

チャロ。ぼくはチャロです。

(Margherita マルゲリータ)That’s nice name… Charo.

チャロ・・・いい名前ね。

And may I ask you something, Charo?

で、聞いていい、チャロ。

Whatever happened to your owner family?

あんたの飼い主さんはいったいどうしたの?

(Charo チャロ)Uhm… they went back. To Japan.

えっと・・・帰った。日本へ。

(Margherita マルゲリータ)What!? Oh, poor thing! Charo, you were abandoned.

なんですって! あららららら、かわいそうに。チャロ、あなた捨てられたのよー。

(Charo チャロ)A…ban…doned?

捨て・・・られ・・・た?

(Margherita マルゲリータ)You know, bye-bye. Sayonara.

わかる?バイバーイって。

(Charo チャロ)No! I’m just lost.

違います!ただ、はぐれたの。

(Margherita マルゲリータ)Whatever it is, it’s terrible.

どっちにしても悲劇だわ。

But don’t you worry.

でも心配いらないわよ。

You’ve got Margherita here. You see?

このマルゲリータがいますから。ね。

I’m your friend!

わたしがお友達よ。

Dread is getting tired of Margherita’s talk.

ドレッドはマルゲリータのおしゃべりに、もううんざり。

He lies down and sighs.

寝そべってため息をつきます。

(Margherita マルゲリータ)I’ve got an idea.

いいこと思いついた。

I’m going shopping.

これからショッピングに行くんだけど

How would you like to come with me?

いっしょに来ない?

(Charo チャロ)Shopping? Dogs… shop?

ショッピング?犬が・・・買い物?

(Margherita マルゲリータ)Of course! Dogs can shop, easy.

もちろん、するわよー。買い物なんて簡単。

(Charo チャロ)へぇ。

(Margherita マルゲリータ)If you’re going to live here you should know the way around.

ここに住むんだったら、まわりの様子も知らなくっちゃね。

So come on, Charo, follow me. (Starts walking.)

ほら、チャロ、いっしょにいらっしゃい。(歩き出す)

Charo quickly asks Dread for advice.

チャロはあわててドレッドにおうかがいをたてます。

(Charo チャロ)What do you think?

どう思う?

(Dread ドレッド)Why not? You’ll get to see the City.

行きゃいい。街を見られる。

Good chance to learn.

いい勉強になるさ。

(Charo チャロ)… Okay.

・・・わかった。

(Margherita マルゲリータ)

Charo, I’m going!

チャロ、行くわよー!

(Charo チャロ)

Yes! Please wait.

うん、待ってー!

Charo follows Margherita.

チャロはマルゲリータについていきました。

The busy morning streets are shining in the warm spring sunlight.

暖かい春の日ざしの中で、慌しい朝の通りは輝いています。

(Margherita マルゲリータ(♪))New York, New York

ニューヨーク、ニューヨーク

Crowds of people rushing around

足取り速い人の群れ

New York, New York

ニューヨーク、ニューヨーク

It’s the world’s most fascinating town

魅惑の街、世界一

Walk along the Broadway, watch today’s matinee

ブロードウェイで、今日のマチネー

Go inside a flower shop and buy a big bouquet

花屋さんでは、大きなブーケ

There’s nothing you can’t get, in Manhattan cafes

なんでもあるわ、マンハッタンのカフェには

Pizza, sushi, kebab, sherbet, escargot and steak

ピザ、スシ、ケバブ、シャーベット、エスカルゴ&ステーキ

New York, New York

ニューヨーク、ニューヨーク

Taxicabs are honking around

響くはタクシーのクラクション

New York, New York

ニューヨーク、ニューヨーク

It’s everybody’s dream town

世界のみんなの夢の街

エピソード5「Friends 友達」

Charo and Margherita are walking down the streets of New York.

チャロとマルゲリータはニューヨークの街を歩いていました。

Soon, the two dogs are in front of a store.

まもなく2匹は、とある店の前に着きました。

(Margherita マルゲリータ)So, here we are.

さあ、着いたわ。

Now stay right beside me and don’t get lost.

いい、ちゃんとあたしのそばにいるのよ、迷子になっちゃだめよ。

(very slowly)Stay…with…me.

(とてもゆっくりと)わ・た・し・の・・・そ・ば・に・・・い・る・の・よ。

(Charo チャロ)Okay, I understand.

オーケー、わかったよ。

I…stay…with…you.

そばに・・・いるよ。

(Margherita マルゲリータ)Arf,arf!

ワン、ワン!

(John ジョン)Hey, Margherita.

やあ、マルゲリータ。

You came shopping for Rosa again.

今日もローザのお使いかい。

Good dog, good dog.

いい子だ、いい子だ。

(Margherita マルゲリータ)Arf.

ワン。

(Margherita マルゲリータ)He’s John. He’s one of my best friends.

彼はジョンよ。親友の一人なの。

But the day I met him, wow, he seemed so mean!

でも最初に会ったときは、それはもう、すごーく嫌なやつだと思ったわ。

(Charo チャロ)Really?

そうなの?

(John ジョン)Now let’s see.

どれどれ。

Basil…shrimp…cheese…okay.

バジル・・・エビ・・・チーズ・・・と。

It’s the usual cheese, right?

チーズはいつものだね?

(Margherita マルゲリータ)Arf, arf!

ワン、ワン!

(John ジョン)Oh yeah, got it.

よし、了解。

John picks up one thing after another, comes back and puts them into Margherita’s basket.

ジョンは次から次へと品物をそろえて戻り、マルゲリータのバスケットに入れていきます。

(John ジョン)I know it’s a bit heavy but you can carry it, right?

ちょっと重いけど、持てるね?

You’re such a strong girl.

きみなら大丈夫だね。

(Margherita マルゲリータ)Arf! Thanks, John. See you!

ワン!ありがとう、ジョン。またね!

John opens the door and the two dogs are out on the streets again.

ジョンがドアを開けると、2匹はまた街へ繰り出しました。

Charo looks back and sees John still waving at them.

チャロが振り返るとジョンはまだ手を振っていました。

(Charo チャロ)How did you become friends?

いったいどうやって友達になったの?

(Margherita マルゲリータ)Well, it’s a long story.

そうね、話せば長くなるけど・・・。

You see, Rosa once caught a terrible cold.

じつはね、ある日ローザがひどい風邪をひいたのよ。

She was running a high fever but we had to keep the restaurant open.

高熱があったけど、レストランを閉めるわけにはいかなかった。

She checked the stock of food and there were several things missing.

ローザが買い置きの食材をチェックしたら、いくつか足りないものがあったの。

So, I took off to the store with Rosa’s small note in my basket.

それで、ローザのメモが入ったバスケットを提げて、あたしがあの店に行ったの。

It was pouring outside.

外はどしゃ降りだった。

At first, John just kicked me out into the rain.

なのにジョンは、最初、あたしを雨の中へ放り出したのよ。

(Charo チャロ)Did he really?

ほんとう?

(Margherita マルゲリータ)Oh, yes.

そうよ。

Still, I didn’t give up.

でもあたしはあきらめなかった。

I waited and waited, until finally John came out, noticed my basket and the note, and apologized.

待って、待って、待ち続けたの。ついにジョンが出てきて、バスケットとメモに気がついて、謝ってくれた。

That was when we made friends.

それから友達になったのよ。

(Charo チャロ)わー、that’s great!

わー、すごい!

(Margherita マルゲリータ)Yes, friends are great.

そう、友達ってすてきなものよ。

They care for you and support you, not because they want something in return, but because they love you.

何か見返りがほしいからじゃなく、愛しているから、気にかけて、助けてくれる。

(Charo チャロ)Yes. Right.

うん、そうだね。

(Margherita マルゲリータ)And it was Rosa who taught this to me.

そう教えてくれたのはローザ。

She was the one who took me in, you know.

あたしを拾ってくれたのはローザなのよ。

(Charo チャロ)Took…you…in?

ひろって・・・くれた・・・?

Then you were…?

ということは・・・?

(Margherita マルゲリータ)Yes. I was abandoned.

そう。あたしは捨て犬だった。

But Rosa found me, brought me to her place, and fed me.

でもローザが見つけて、家に連れてってくれて、食べるものをくれたの。

She really, really cares for me.

そしていまは心から大切にしてくれる。

That’s why I always want to help her.

だからいつだって、あたしもローザの役に立ちたいの。

(Charo チャロ)…I…was abandoned, too.

・・・ぼくも・・・捨て犬だったんだ。

(Margherita マルゲリータ)Oh, I thought you were just lost.

あら、迷子になっただけかと思ったわ。

(Charo チャロ)No…at…the beginning.

ううん・・・最初のときのこと。

I was left in the park.

ぼく、公園に捨てられていたの。

Shota saved me.

翔太が助けてくれたんだ。

(Margherita マルゲリータ)Oh, then we’re in the same boat.Friends.

そう、じゃあ、あたしたちは同じ境遇ね。友達よ。

(Charo チャロ)Yes, friends.

うん、友達だね。

Just then, Margherita spots a wonderfully charming puppy.

と、そのとき・・・マルゲリータがすばらしくかわいらしい子犬に目を留めました。

(Margherita マルゲリータ)Wow. Look at her. Isn’t she something!

ワオ、見て。あの子、イケてない?

Charo sees the cute little dog held in the arms of a slender boy.

小さいキュートな犬が細身の少年に抱かれています。

(Charo チャロ)Her ears…so pretty.

あの耳・・・すごくかわいい。

At this time, Charo has no idea that this charming dog woud become one of his very best friends.

このときチャロはまだ、彼女が自分のかけがえのない友達になろうとは、知るよしもありませんでした。

エピソード6「Snow Dream 初雪の夢」

One day, Charo is walking by the park and a ball flies right in front of him.

ある日、チャロが公園のそばを歩いていると、目の前にボールが飛んできました。

He jumps for the ball and catches it.

チャロは飛び上がってボールをとらえます。

At the same time, a charming little dog comes out from the bushes.

と、茂みの中からチャーミングな子犬が出てきました。

It’s the same dog he saw the other day.

この間チャロが出会った犬でした。

(Candy キャンディ)Hey! That’s mine. Give it back.

ちょっと!それ私のボールよ。返してちょうだい。

(Charo チャロ)I’m sorry. I didn’t mean to …

ごめんなさい。そんなつもりじゃ・・・

(Candy キャンディ)That’s okay. Just give it back.

いいのよ。返してくれれば。

(Charo チャロ)Yes. Here.

うん、はい。

(Chris)Candy!

キャンディー!

The voice comes from beyond the bushes.

茂みの向こう側から声がしました。

(Candy キャンディ)Arf,arf! I’m here!

ワン、ワン!私はここよ!

(Charo チャロ)So your name is Candy.

きみ、キャンディって言うんだ。

(Candy キャンディ)Y…yes. And you?

そ、そうよ。あなたは?

(Charo チャロ)Charo.

チャロ。

(Candy キャンディ)Oh.

そう。

(Charo チャロ)Candy…that’s a nice name.

キャンディ・・・すてきな名前だね。

I’ve never seen any dog…like you…in Japan.

きみのような犬・・・日本で・・・見たことない。

(Candy キャンディ)You’re from another country?

ほかの国から来たの?

(Charo チャロ)Yes, I’m from Japan.

うん。日本から。

(Chris)Candy!

キャンディー!

(Candy キャンディ)Chris is calling. I’d better get going.

クリスが呼んでるわ。行かなくちゃ。

Thanks for catching the ball.

ボールありがとう。

Charo wants to say something, but Candy has already run back.

チャロが何か言おうとしましたが、キャンディはもう走り去っていました。

He watches her jump cheerfully around Chris.

チャロはキャンディがクリスの周りを楽しそうに跳び回っているのを見ていました。

A few days later, Charo has a dream, In the dream, he is explaining to somebody how he met Shota.

数日後、チャロは夢を見ました。夢の中で、チャロは翔太と出会った日のことを誰かに説明していました。

(Charo チャロ)It was snowing that day.

あの日は雪だったんだ。

I was so cold and hungry.

とても寒くて、おなかがすいていた。

Shota came and found me.

そんなとき、翔太が通りかかって、ぼくを見つけたんだ。

(Shota)かわいそうに・・・このままだと死んじゃう。

(Charo チャロ)But Shota just went away.

でも翔太はそのまま行ってしまった。

I was sad. I thought I was dying.

悲しかった。ぼくはもう死ぬんだ、と思った。

Then, Shota, again! With a sausage!

そしたら、翔太が戻ってきてくれたんだ!ソーセージを持って!

(Shota)ふふふ・・・かわいいなぁ。

(Charo チャロ)Shota picked me up and took me home.

それから翔太はぼくを抱き上げると、家に連れて帰ってくれた。

He wanted to keep me.

ぼくを飼おうとしてくれたんだ。

But Shota’s father said no.

でもお父さんは「だめだ」って言った。

(Shota)ぼくがいないと、この子死んじゃうよ。

(Charo チャロ)Shota’s father said nothing and went to his room.

お父さんは、だまって部屋へ行ってしまった。

But Shota didn’t give up.

でも翔太はあきらめなかった。

He held me and sat outside.

ぼくを抱いて玄関の外に座り込んだんだ。

(Shota)安心して。飼ってもらえるまでがんばるからね。

(Charo チャロ)Suppertime came but Shota stayed with me.

夕食の時間になっても、翔太はぼくといっしょにいてくれた。

Snow was falling.

雪は降りつづいてた。

After a while, Shota’s father came out.

しらばくすると、とうとうお父さんが出てきて

He said, “You win, Shota.”

こう言ったんだ。「翔太にはかなわないな」って。

We were very, very happy.

ぼくたちはすごくうれしかった。

And Shota gave me a name.

そして翔太はぼくに名前をつけてくれたんだ。

(Shota)きみは耳が茶色と白だからチャロだ。

チャロ。どう?

(Charo チャロ)I was excited.

うれしかったなぁ。

I had a name!

ぼくにも名前がある!

I barked!

喜んでワンワン吠えたよ!

Shota laughed, too …Right?…Shota?

翔太もうれしそうに笑ってた・・・そうだったよね、翔太?

あれ・・・いない!翔太!ショウターッ・・・!

Charo wakes up.

チャロは、夢から覚めました。

He is at Dread’s nest in New York.

そこはニューヨーク。ドレッドのねぐらでした。

(Dread ドレッド)You’re noisy one, even when you’re asleep.

寝てても、うるさいやつだな。

(Charo チャロ)・・・ゆめ・・・?

(Dread ドレッド)Huh?

うん?

(Charo チャロ)Dread, I am going back to Japan.

ドレッド、ぼく、きっと日本に帰るよ。

(Dread ドレッド)What?

なんだ?

(Charo チャロ)Shota did everything for me.

翔太はぼくのためになんでもしてくれた。

Now, I will do everything to go back to Shota.

だから、ぼくも翔太のところへ戻るためならなんでもするんだ。

(Dread ドレッド)Huh?

ン?

(Charo チャロ)I can do it. Yes, I can.

できるさ。うん、できる。

And I have to.

やらなくちゃ、

I have to get back home.

ぼくは家に帰らなくちゃ。

エピソード7「Charo, Jump! 跳べ!チャロ」

One day, Dread runs up to Charo and Margherita.

ある日、チャロとマルゲリータのところへドレッドが駆け寄ってきました。

It seems like he has something to say.

どうやら知らせたいことがあるようです。

(Dread ドレッド)Charo, you’re here. Good.

チャロ、そこにいたのか。よかった。

I brought you some great news.

すごいニュースがあるんだ。

(Charo チャロ)News?

ニュース?

(Dread ドレッド)Yeah, listen. (slowly)Your country, Japan, is connected to our country, the U.S.,by ocean.

そう、いいか、(ゆっくりと)おまえの国の日本はな、このアメリカと海でつながっているんだ。

(Charo チャロ)Ocean?

海?

(Dread ドレッド)Yeah, a big, big ocean.

そう、でかい、でかい海だ。

Between the U.S. and Japan.

アメリカと日本の間のな。

(Margherita マルゲリータ)Wait a minute.

ちょっと待って、

That means he can go back to Japan by boat?

じゃあ船に乗れば日本に帰れるってこと?

(Dread ドレッド)Exactly. You hop onto the right boat, cross the ocean, and you’ll be in Japan.

そうさ。船さえ間違えずに飛び乗りゃ、海の先は日本ってわけだ。

(Charo チャロ)Really!? That’s great!

ほんとうに!?すごい!

(Dread ドレッド)You are so small you can easily sneak in.

おまえはとても小さいから、潜り込むのも簡単だ。

(Margherita マルゲリータ)Wait a minute.

ちょっと待って。

Where can he find the right boat?

日本行きの船をどこで見つけるの?

(Dread ドレッド)That’s we have to figure out.

それは、みんなで考えないといかん。

(Margherita マルゲリータ)So you don’t know where the boat is!?

つまり、どこに船がいるか知らないってこと!?

No,no,no. It’s too dangerous.

だめ、だめ、絶対だめ。無謀すぎるわ。

(Charo チャロ)But I want to try.

でもぼくはやりたい。

I want to go back.

ぼくは帰りたいんだ。

I want to try everything.

なんでもやってみる。

(Dread ドレッド)That’s the spirit, boy!

その意気だ!

(Margherita マルゲリータ)Charo! Mmmm. You are so brave!

チャロったら!う?ん、勇気があるわぁ!

(Dread ドレッド)To the waterfront then.

よし、さっそく行こう!

Let’s start with the Hudson.

まずハドソンだ。

It’s closer than the East River.

イースト・リバーより近いからな。

After crossing several avenues, the three dogs get to where the river flows.

3匹は大通りをいくつか横切り、河岸に着きました。

Upstream, they see a pier.

川上には桟橋が見えます。

(Dread ドレッド)See, Charo? There’s a boat.

見えるか、チャロ、船だ。

(Charo チャロ)Where?

どこ?

(Dread ドレッド)Way up there.

ほら、ずっと向こう。

(Margherita マルゲリータ)Could it be a Japanese boat?

日本の船かしら?

(Dread ドレッド)Let’s find out.

確かめよう。

They run ahead to the pier where the big white boat is staying.

3匹は大きな白い船が停泊している桟橋へ走っていきました。

(Margherita マルゲリータ)Bingo! The sign says “sushi.”

ビンゴッ!「すし」って書いてあるわ。

It’s got to be a Japanese boat.

絶対に日本の船よ

(Dread ドレッド)Hey, Charo, see that terrace?

チャロ、あのテラスが見えるか。

Go up there and jump.

あそこに昇って船のデッキへ跳ぶんだ。

(Charo チャロ)From there? It’s…high.

あそこから?た……たかいよ。

(Dread ドレッド)Not that high.

たいしたことはない。

Just make sure you’re running fast enough when you jump.

思いきり走って跳べば大丈夫だ。

(Charo チャロ)Y…yes. I will try.

う、うん。やってみる。

(Margherita マルゲリータ)Oh, Charo, you are so… (too emotional for words)

まあ、チャロ、あんたったら……(気持ちが高ぶって言葉にならない)

Okay, I’ll bark and make a scene so nobody will notice when you jump.

じゃあ、あたしが吠えて大騒ぎしてあげる。そしたらあんたが跳んでも誰も気づかないわ。

(Dread ドレッド)Good idea. Charo, are you ready?

名案だ。チャロ、いいか?

(Charo チャロ)Yes.

うん。

(Margherita マルゲリータ)Well, then. I suppose it’s goodbye.

決まり!……ということは、これでお別れってことね。

Oh, Charo, we’ll miss you so much.

ああ、チャロ、たまらなく寂しいわ。

(Charo チャロ)I will miss you, too.

ぼくもだよ。

Thank you.

ありがと・・・・・

Um, I want to say more but iI can’t say it well.

う?ん、もっと何か言いたいけど、うまく言えないや。

(Margherita マルゲリータ)That’s okay, Charo.

いいのよ、チャロ。

We understand.

わかってるから。

(Dread ドレッド)Okay, that’s enough. Now move.

さあ、もういいだろう。行け

Dread gives Charo a light push.

ドレッドに一押しされて

Charo runs to the staircase.

チャロは階段へ向かって走り出しました。

(Margherita マルゲリータ)Goodbye, Charo!

バイバイ、チャロ

Margherita makes sure Charo gets to the terrace… and starts to bark.

マルゲリータは、チャロがテラスにたどりついたのを確かめると、吠え出しました。

(Margherita マルゲリータ)Bow-wow-wow-wow!

ワンワンワンワン

(Crewman)What is it? Get out of here, crazy dog!

なんだ?あっちへ行け、変な犬だなっ!

Margherita keeps barking and gets everyone’s attention.

マルゲリータは、吠えて吠えてみんなの注意を引きつけます。

(Dread ドレッド)Charo, now jump!

チャロ、今だ!跳べ!

(Charo チャロ)Yes. Arf!

うん。ワン!

Charo makes a long jump.

宙を飛ぶチャロ。大きく、多く・・・

He falls onto the top deck near the stern of the boat.

そして、船尾近くのデッキにドサリと落ちました。

(Dread ドレッド)Good job!

いいぞ!

Just then, with a loud whistle, the boat starts to leave.

そのとき、汽笛が鳴り響き、船が動き出しました。

(Charo チャロ)(in a small voice)Goodbye, Margherita. Goodbye,Dread

(小さな声で)さよなら、マグゲリータ・さよなら、ドレッド。

エピソード8「The Tragic Boat Ride 船中の悲劇」

So now, Charo is on board a boat full of Japanese decorations.

さて、日本ふうに飾りつけられた船に乗り込んだチャロ。

It is Charo’s very first boat ride, so everything is now to him.

船に乗るのは初めてなので、何もかもが新鮮です。

(Charo チャロ)わぁぁぁ・・・すごいや。

He peeks around but is very careful not to be noticed.

チャロは、あちこちのぞきながらま、人に見つからないように気をつけていました。・・・

Suddenly, he thinks he hears some Japanese.

ふと、日本語が聞こえてきたような気がしました。

(Charo チャロ)今の日本語かな。

A Japanese cook is explaining somethig to another cook.

日本人のコックが別のコックに何か説明しているところでした。

(Japanese Cook)Okay, this is daikon. Japanese radish.

いいか、これはダイコン、つまり日本のラディッシュだ。

This one is shoga.

これはショーガ。

It’s pickled ginger.

ジンジャーの漬物だ。

Some people call it gari.

ガリとも言う。

(Cook)Oh, okay, chief.

はい、チーフ。

This is daikon, and this is shoga or gari, right?

これはダイコンで、こっちがショーガ、またはガリ、ですね。

(Charo チャロ)やっぱり日本の船だったんだ。すごいや。

Charo continues to explore and wanders into another section of the boat.

さらに探検を続けるチャロ。船の別の区域に入り込みました。

(Passenger1 乗客1)Wow! I’ve never eaten so much sushi in all my life!

わぁ、今までこんなにたくさんのお寿司、食べたことないわ!

(Passenger2 乗客2)Me, neither!

私も。

With the beautiful New York view and all this sushi, this is just awesome!

ニューヨークの景色もすてきだし、お寿司もいっぱい食べて、これってもう最高!

Here, Charo peeps out a little too much.

チャロはすこーしだけ身を乗り出しすぎてしまいました。

One of them notices him.

乗客のひとりがチャロに気づきます。

(Passenger1 乗客1)Look! What a cute dog!

見て!なんてキュートな犬!

The young woman comes over to Charo and picks him up.

女性客は近づいてきて、チャロを抱き上げました。

(Passenger1 乗客1)He’s still a puppy!

まだ子犬だわ!

(Passenger2 乗客2)Maybe he belongs to one of the crew members.

乗務員の犬かしら。

(Passenger1 乗客1)Hey, little puppy, do you want to go out to the deck with us?

ねえ、ワンちゃん、いっしょにデッキに行かない?

I think we are just about to pass by the Statue of Liverty.

そろそろ自由の女神のそばを通るころよ。

The boat seems to have already traveled far.

船はもうずいぶん進んでいました。

At least, that’s what Charo thought.

少なくとも、チャロはそう思えました。

(Passenger1 乗客1)That’s it! That’s the Statue of Liverty!

ほら!あれが自由の女神よ!

(Passenger2 乗客2)I’ll take a picture of you and this puppy with the statue in the back.

自由の女神をバックにその子といっしょに写真を撮ってあげるわ。

(Passenger1 乗客1)Thanks. That’ll be nice.

ありがと。いいわねぇ。

Look, pup, look at the camera!

ほらワンちゃん、カメラ見て!

(Charo チャロ)Arf!

ワン!

(Passenger1 乗客1)Oh, he’s so adorable!

ああ、なんて愛らしいのかしら。

The boat is getting closer and closer to the famous Statue of Liberty.

船は有名な自由の女神にどんどん近づいていきました。

But just then, Charo has a strange feeling.

でもそのとき、チャロは、あれっ、と思いました。

The boat isn’t going out to the ocean at all.

船が少しも海に向かって行かないのです。

(Charo チャロ)あれ・・・?変だな・・・なんか戻っていく。

(Passenger1 乗客1)Okay, sweetie. I’ll let you go.

さあ、おチビちゃん、もう行っていいわよ。

Just at that moment, Charo sees everything around him go roud and round in circles.

そしてその瞬間、チャロのまわりのものが、なぜかぐるぐる回りだしました。

(Charo チャロ)なんか、気持ち悪い・・・

Charo is seasick. Terribly seasick.

チャロは船に酔ってしまったのです。それもひどい船酔い!

He has never felt this bad before.

こんなに気持ちが悪くなったのは、生まれて初めてのことでした。

Meanwhile, Dread and Margherita are still at the pier.

一方そのころ、ドレッドとマルゲリータはまだ桟橋にいて、

They are too empty-hearted to leave the place.

魂がぬけたように立ちつくしていました。

(Margherita マルゲリータ)Oh, no…look!

あらまあ、見て!

(Dread ドレッド)What…what is it?

なに?・・・どういうことだ?

(Margherita マルゲリータ)The boat. It’s coming back.

船よ。戻ってくるわ。

As soon as the boat parks, a crewman dumps Charo onto the pier.

船が着くやいなや、乗務員がチャロを桟橋に放り投げました。

(Dread ドレッド)Charo!

チャロ!

(Crewman)Now don’t you smuggle in again, you dog!

このワン公め、二度と潜り込むんじゃないぞ!

Dread and Margherita dash towards Charo.

チャロに駆け寄るドレッドとマルゲリータ。

(Margherita マルゲリータ)Charo, Charo! What happened to you?

チャロ、チャロ!何があったの?

Open your eyes! Wake up!

目を開けて! 起きて!

(Charo チャロ)うーん・・・

(Dread ドレッド)Are you all right? Are you hurt?

大丈夫か? けがはないか?

Charo is completely done in.

チャロは、ぐったりのびていました。

It seems that Dread and Margherita will have to take care of Charo…for just a little bit longer.

ドレッドとマルゲリータは、またチャロの世話をすることになりそうです・・・そう、もう少しだけ。

エピソード9「The Strange Dream 不思議な夢」

Charo is still down in Dread’s nest after being terribly seasick.

チャロは、ひどい船酔いから立ち直れず、まだドレッドのねぐらでのびていました。

Shota appears in his dream.

すると、夢の中に翔太が現れました。

(Charo チャロ)Shota was crying sometimes.

翔太はときどき泣いていた。

He was lonely.

寂しかったんだよ。

His mother died last year.

お母さんが去年死んじゃったんだ。

(Shota 翔太)ごめんね、チャロ、これは2人の秘密だよ。お父さんには内緒なんだ。

(Charo チャロ)He was sad, but he was hiding it.

翔太は悲しがっていることを内緒にしていたんだ。

He tried to seem okay.

平気だよって。

(Charo チャロ)One day, Shota said that we were going on a trip to America with his father.

そんなある日、翔太がぼくにこう言った。ぼくたちアメリカに行くんだよって。

Then, Shota’s grandma gave us a lucky charm.

そのとき、翔太のおばあちゃんがぼくたちにお守りをくれたんだ。

I’m wearing it. It’s here…on my collar.

今もつけてるよ・・・ほら、ここっ・・・首輪のところに。

(Shota 翔太)チャロ、よかったね。おそろいだよ。

(Charo チャロ)In America, we were having great fun.

アメリカに行ってからは、毎日とても楽しかった。

(Shota 翔太)見て、チャロ! ホットドッグのソーセージがあんなに大きい!

(Charo チャロ)Every day there was a surprise.

毎日びっくりすることだらけだったよ。

But I was left alone… at the airport…

でも・・・空港で、ひとりぼっちになっちゃったんだ。

What happened?

どうしちゃったんだろう?

An airplane files over Charo.

飛行機がチャロの頭上を飛んでいきました。

He madly runs after it.

必死にあとを追うチャロ。

(Charo チャロ)Dont’ go, Shota!

行かないで、翔太!

I’m still here!

ぼくはまだここだよ!

I don’t want to be left alone. Shota! Shota!

おいていかないで。ショウタ!ショウター!

Charo is mumbling in his sleep, with tears in his eyes.

チャロはうわごとを言ったり、涙を浮かべたりし続けました。

(Margherita マルゲリータ)Hey, you need some rest, too, Dread.

ねえ、ドレッド、あなたも少しは休まないと。

It’s my turn to stay awake.

今度はわたしが起きてるから。

(Dread ドレッド)Nah, I’m not sleepy.

いやぁ、大丈夫だ。

(Margherita マルゲリータ)…You know, Dread… You’re really sweet.

ドレッド・・・あなた、ほんとうに優しいのね。

(Dread ドレッド)No. I’m not. It’s Charo. Noisy kid.

そんなことはない。こいつのせいだ。ほーら、うるさいガキだぜ。

I couldn’t get to sleep anyway.

これじゃあ寝られやしない。

♪ A friend is one who shares your fears, my friend

友達は不安を分かち合えるもの、my friend

One who’ll stroke your back while in pain

背中をなでて心の傷を癒してくれる

My friend, have you cried to your heart’s content?

my friend、気がすむまで泣いたかい?

Here I am to make you laugh again

ここにいるから、ほら、また笑って

Won’t you smile again?

きみのスマイルをもう一度

(Charo チャロ)(talking in his dream)

(夢の中で)

I can get back to Japan. That’s for sure… isn’t it?

ぼくは日本に帰れる。絶対に・・・そうだよね?

Just as he says this, some thick violet smoke rises from nowhere.

チャロがそう言ったとたん・・・紫色の煙がどこからともなく立ちこめました。

And look! A strange woman.

そして!不思議な女性が。

(Andorra アンドーラ)Yes, Charo. Sure. You’ll get to see the boy again.

ええ、チャロ、そうよ。あなたはその子にもう一度会えるのよ。

(Charo チャロ)W…who are you…?

だ、だれ・・・?

(Andorra アンドーラ)I am the dream-traveler.

私はね、夢を行き来する旅人よ。

I peeked into your dream.

今あなたの夢をのぞかせてもらったわ。

I hope you didn’t mind.

気にしないでおくれ。

(Charo チャロ)My…dream?

ぼ、ぼくの・・・ゆめ?

(Andorra アンドーラ)Someday I will help you.

いつかあなたの助けになってあげよう。

(Charo チャロ)Wait! Who are you?

待って!誰なの?

Charo wakes up.

目を覚ましたチャロ。

It’s Dread’s nest.

ここはドレッドのねぐらでした。

Margherita is sitting right beside him.

そばにマルゲリータがいます。

(Margherita マルゲリータ)Charo! You’re awake! Great! Dread, Dread! Charo is awake!

チャロ! 目が覚めたのね! よかった! ドレッド、ドレッドー!チャロが起きたわよ!

(Dread ドレッド)Oh…Good.

そうか・・・よかった。

Checking on the pup, Dread is relieved, and closes his eyes.

チャロの様子を確かめると、ドレッドは安心して目を閉じました。

(Margherita マルゲリータ)It’s so good to have you back.

よかったわ、気がついて。

Dread stayed with you the whole time you were asleep.

寝込んでいる間ずっとドレッドがそばで看てくれたのよ。

(Charo チャロ)Dread?

ドレッドが?

(Margherita マルゲリータ)Shhh… It’s his turn to get some rest.

しーっ・・・寝かせてあげて。

He must have been really sleepy.

ものすごく眠かったはずだから。

Listening to Dread’s loud snores, Charo looks up at the night sky with a puzzled look on his face.

ドレッドの大きないびきを聞きながら、チャロは不思議そうな顔で夜空を見上げました。

(Charo チャロ)I met a very strange woman…

変なおばあさんに会ったよ・・・

エピソード10「True Birthday 本当の誕生日」

One day, Charo finds Candy crying. He runs up to her.

ある日、チャロは泣いているキャンディを見かけまし…に走り寄るた。走り寄って声をかけます。

(Charo チャロ)(panting) H … hi, Candy. It’s me … Charo.

チヤロ(息を切らせて)や、やぁ..…・キャンディ。ぼく、チャロだよ。

Are you crying?

泣いてるの?

(Candy キャンディ)Leave me alone.

ほっておいて。ひとりにして。

(Charo チャロ)But why are you so sad?

チャロ でも、どうしてそんなに悲しいの?

(Candy キャンディ)It’s … my birthday today.

今日は・・・…私の誕生日なの。

(Charo チャロ)Birthday. Congratulations!

誕生日。おめでとう!

(Candy キャンディ)Congratulations?

おめでとうですって?

No, there’s nothing to congratulate about my birthday.

私の誕生日なんてめでたくなんかないのよ。

That’s why nobody is celebrating.

だから誰もお祝いしてくれないのよ。

Again, Candy starts to cry.

また、キャンディは泣き出しました。

(Candy キャンディ)Last year, Ihad a gorgeous birthday party.

去年は、ゴージャスなバースデー・パーティをしてもらったのよ。

A big tall cake, lots of food, lots of presents ・・・

大きいケーキ、たくさんのごちそう、プレゼントもいづぱい

Everything was just perfect.

何もかもパーフェクトだったわ。

But this year, Chris and his father are gone.

なのに、今年はクリスもゴージャスな、華麗な クリスのパパもいないの。

Both of them have forgotten about me.

2人とも私のことなんて忘れちゃったのよ。

What’s going on?

いったいどうなってるの?

(Charo チャロ)Oh, I see.

あ、そう。

(Candy キャンディ)Isee? Isee? What canyou see?

あ、そう?そう、ですって?何が”そう”なのよ?

(Charo チャロ)I’m sorry.

ごめん。

(Candy キャンディ)You’ll know exactly how Ifeel when it’s your birthday.

あなただって、誕生日が来たら私の気持ちがよぉ<わかるわ。 (Charo チャロ)No... I won't. ううん……わからない。 (Candy キャンディ)What do you mean, "No?" わからないって、何よ? (Charo チャロ)I... Idon't know when my birthday is. ぼく……誕生日知らないもん。 (Candy キャンディ)What? え? (Charo チャロ)I was abandoned ... so I don't know. ぼくは捨て犬だったの……だから知らないんだ。 (Candy キャンディ)Then you don't celebrate ... ? じゃ、お祝いしないの……? (Charo チャロ)I don't think so. しない……と思う。 (Candy キャンディ)...Oh... ……まあ…… Candy seems a bit embarrassed. キャンディは少し戸惑っていたようでした。 Then, a car stops and Chris gets out. ちょうどそのとき、車が止まり、クリスが降りてきました。 (Chris クリス)Candy! There you are. I've been looking all over for you. キャンディ!そこにいたのかい。 ずいぶんあちこち捜してたんだよ。 (Candy キャンディ)Arf arf! Chris! ワンワン クリス! (Chris クリス)What's the matter? Come on, it's your birthday today. どうしたの?おいで、今日はきみの誕生日だよ。 Let's go home and celebrate. 家に戻ってお祝いしよう。 (Candy キャンディ)(in tears again) Arf! (また涙ぐんで)ワン! (Chris クリス)I'm so sorry to be late. We were looking for your present. 遅くなってごめん。パパとプレゼントを探していたんだ。 Candy is happy. She turns to Charo, who gives her a big smile. キャンディはうれしくなりました。振り返ると、チャロがにっこり笑っています。 (Charo チャロ)You'd better go. さあ、行かないと。 (Candy キャンディ)Yes . . . but... ええ……でも… (Charo チャロ)Happy birthday, Candy. お誕生日おめでとう、キャンディ。 (Candy キャンディ)Thank you. And about your birthday ... ありがとう。それと、あなたの誕生日のこと・・・ Instead of words, she just kisses Charo on the cheek, and runs towards Chris. キャンディは、言葉の代わりにチャロの頬にキクリスのほうへ走っていきました。 That night. . . その夜…… (Dread ドレッド)My birthday? おれの誕生日? (Charo チャロ)Yes, Dread. Do you know your birthday? そう、ドレッド。自分の誕生日、知ってる? (Dread ドレッド)What is it, all of a sudden? なんだ、急に? (Charo チャロ)Does everybody celebrate? みんなお祝いするものなの? Have you ever celebrated your birthday? 誕生日お祝いしたことある? (Dread ドレッド)Cut it out. うるさいぞ。 (Charo チャロ)But have you? でも、お祝いしたことある? (Dread ドレッド)Yes, I have. ああ、あるさ。 (Charo チャロ)へぇ・・・ (Dread ドレッド)It doesn't really matter when your birthday is. どの日に生まれたかなんて関係ないさ。 You have a wonderful day to celebrate anyway. おまえにもすばらしい日があるだろう、祝いたくなるような。 (Charo チャロ)え? (Dread ドレッド)You remember the day you met Shota? 翻太に会った日を覚えているか? (Charo チャロ)Yes. It was a snowy day. Sunday morning. うん。雪の日だった。日曜日の朝で…… (Dread ドレッド)Then every snowy Sunday morning will be your birthday.... じゃあ、雪の日曜の朝はみんなおまえの誕生日だ。 (Charo チャロ)・・・ ・・・ (Dread ドレッド)What? Something wrong? なんだ.…?どうかしたのか? (Charo チャロ)No.... Thank you, Dread. ううん……ありがと、ドレッド。 (Dread ドレッド)it's late. Get some sleep. もう遅いぞ。寝ろ。 With this, Charo feels calm again. レッドの言葉を聞いて、チャロはまた穏やかな気持ちになりました。 Before long, he falls into a sound and peaceful sleep. やがて、チャロはすやすやと深い眠りに落ちました。

エピソード11「The Dream Woman 夢のアンドーラ」

It’s the day of a street fair.

ストリート・フェアの日

After wandering around for a while, Charo stops in front of a very small tent.

あちこち歩き回ったチャロは小さなテントの前で立ち止まりました

It looks inviting.

なんだか引き込まれそう…

Charo peeps in.

こつそりのぞくチャロ

As he looks around, somebody picks him up!

中を見回した時誰かがひょいとチヤロを持ち上げました!

Arf!

It’s all right.There’s no need to worry.

大丈夫 心配しないで

It’s the woman he saw in his dream.

夢で見たあのおばあさんです

I was waiting for you, Charo.

待つてたわ チヤロ

The and woman lights her lamp burns some purple flower petals.

おばあさんはランプに火をともし紫の花びらを燃やしました

At the same time,a sweet smell surrounds Charo,making him sleepier and sleepier.

するとチヤロは甘い香りに包まれ、だんだん眠くなってきました

Little turtles craw! in the sea below

Stars fall in the sky above

Float your way back home

Float your way home to love

Run to the arms of the one you lo ve

Claim what you’re always worthy of…

In his dreamland, Charo wakes up to see the woman’s face again.

夢の世界でチヤロは目を開けておばあさんを見ました

My name is Andorra.I know you, Charo.

私の名はアンドーラよあなたはチヤロね

H…how come you know?

どうして知つてるの?

I’m the dream-traveler I visited your dream.Do you want to see the boy Shota?

私は夢を行き来する旅人。前にあなたの夢を訪ねたわね。翔太って子に会いたいんだね?

Y…yes, but…

うん でも…

Andorra brings her hand close to Charo’s forehead.Somehow, Charo is able to see Shota.

彼女がチヤロのおでこに手をかざすとなぜか翔太が見えました

Shhh…. Be quiet and watch.

し一つ 黙って見ていてごらん

Charo calls out to him but soon the vision disappears.

翔太に呼びかけますが 彼の姿は消えてしまいました

I’m afraid that’s it.

残念ながらこれでおしまい

You just saw a piece of Shota’s dream.

いま翔太の夢の一部を見たのよ

See? He’s trying to find you.

ほらね?あなたを見つけようとしていたでしよ

He’s even looking for you in his dream. And you know, maybe I can help….

夢の中でも捜しているんだね.私はあなたの力になれるかも…

Why don’t we see each other again?In your dream.

また会いましよう あなたの夢の中でね

Saying so, Andorra strokes Charo on the head.

そういってアンドーラはチヤロの頭をそっとなでました

We should call it a day now.I’ll see you again, Charo.

今日はここまでまた会いましよう

Charo is still feeling dreamy as he walks to where Dread is waiting.

チヤロはまだ夢見心地のまま トレッドの所へ歩いていきました

Hey, what’s the matter?This is delicious….

おいどうしたんだ?うまいな…

I saw Shota….

翔太に会った…

What? You okay, kid?

なんだって? 大丈夫か?  翔太に会った…

A woman…! knew her….

おばあさんが…知つてる人…

She showed me Shota.

翔太に会わせてくれた…

Uh-oh…. This is serious.

こりゃマズイぞ

Maybe too much sun.

この日ざしにやられたかな

All right, why don’t you sit here in the shade and rest?

陰に座って休んでいろ

Dread goes on licking his ice cream.

ドレツドはアイスクリームをなめ続けています

Charo still cannot forget the vision of Shota.

チヤロはまだ目にした

Shota is looking for him!

翔太の姿が忘れられません

This makes Charo feel strong again.

力がわいてくれているを感じました