【公立高校入試の制度】愛知県《公立高校を2回受けられる、グループAとグループBの違い etc》

入試は、大きく一般選抜と推薦入試に分かれる。

一般選抜

入試日程(スケジュール)の例《全体像チェック》

令和3年2月17日(水)及び19日(金) 推薦選抜入学願書提出
令和3年2月18日(木)及び19日(金) 一般選抜入学願書提出
令和3年2月22日(月)及び24日(水) 志願変更
令和3年3月5日(金) Aグループ学力検査 *AとBの難易度は毎年交互になっている傾向がある(2015年はBが難しい)。
令和3年3月8日(月) Aグループ面接・特別検査
令和3年3月10日(水) Bグループ学力検査
令和3年3月11日(木) Bグループ面接・特別検査
令和3年3月18日(木) 合格者発表

愛知県は公立高校を2回受けられる制度

一般選抜について

入試日程の異なるAグループ、Bグループ内の学校から各1校最大2校まで受験することができる(安全校とチャレンジ校と分けて受験する生徒も多い)。

居住地により、3つに振り分けられ、受験できる群が決められ、更にそれぞれA・Bと2つのグループに分けられ、A・B1つずつ受験できる。
※「群」をまたいでの受験は不可。居住地の配慮として、たとえば、尾張第1群にも2群にも「松蔭高校」がある。

尾張第1群

(A)松蔭、旭丘、惟信、昭和、熱田、豊明、日進西、犬山南、江南、小牧、一宮北、一宮南、尾西、津島、海翔、半田東、常滑、内海、市立緑、市立名東
(B)名古屋西、中村、鳴海、天白、春日井東、日進、東郷、犬山、尾北、小牧南、丹羽、一宮西、木曽川、美和、半田、大府東、阿久比、東浦、武豊、市立菊里、市立富田

尾張第2群

(A)松蔭、明和、名古屋南、瀬戸西、春日井、春日井西、高蔵寺、長久手、新川、一宮、一宮北、尾西、津島、津島北、稲沢東、海翔、常滑、東海南、大府、内海、市立向陽、市立山田
(B)千種、守山、瑞陵、瀬戸、春日井東、春日井南、旭野、犬山、小牧南、西春、一宮興道、木曽川、津島東、美和、五条、横須賀、大府東、阿久比、東浦、武豊、市立桜台、市立北

三河学区

(A)岡崎、刈谷、豊田北、豊丘、国府、豊田南、安城、岡崎西、豊橋南、西尾東、一色、衣台、福江、御津、高浜、足助、加茂丘、岩津
(B)時習館、豊田西、豊橋東、岡崎北、刈谷北、西尾、知立東、安城東、小坂井、豊田、成章、豊野、幸田、碧南、安城南、吉良、豊橋西、蒲郡東、松平、三好、田口

専門学科のグループ分け(県内全域)

(A)
農業 稲沢、半田農業、安城農林、新城東・作手校舎
工業 名南工業、春日井工業、一宮工業、起工業、常滑、碧南工業、豊田工業、市立工芸、豊橋工業
商業・総合ビジネス 愛知商業、一宮商業、津島北、半田商業、岡崎商業、国府、豊橋商業、市立若宮商業
家庭 一宮、大府、岩津、安城、一色、豊丘、豊橋南
福祉 海翔、高浜、宝陵
その他 旭丘(美術)、明和(音楽)、市立向陽(国際科学)、宝陵(衛生看護)、御津(国際教養)、市立名東(国際英語)
総合 豊田東、蒲郡、市立西陵、瀬戸北総合、緑丘、知立
(B)
農業 佐屋、猿投農林、渥美農業、田口
工業 瀬戸窯業、小牧工業、佐織工業、半田工業、岡崎工業、刈谷工業、豊川工業、市立工業、愛知総合工科
商業・総合ビジネス 中川商業、瀬戸窯業、春日井商業、木曽川、犬山、古知野、東海商業、碧南、成章、市立名古屋商業
家庭 瑞陵、古知野、佐屋、桃陵、松平、吉良、成章、市立桜台
福祉 古知野
その他 千種(国際教養)、尾北(国際教養)、刈谷北(国際教養)、桃陵(衛生看護)、三好(スポーツ科学)、三谷水産(水産)、市立菊里(音楽)
総合 杏和、岩倉総合、知多翔洋、鶴城丘、南陽、岡崎東、新城有数館

学力検査(制限時間、配点など)

*推薦入試の生徒たちも受けるが、合否に影響はない。

国語(45分)22点
数学(45分)22点
社会(45分)22点
理科(45分)22点
英語(40分+リスニング10分)22点

合計110点満点(一部高校で傾斜配点)

各高校に定められた入試比率を元にして、『調査書(内申書)』『学力検査』『面接』『特別検査』の結果により合格校が決定。

推薦選抜

普通科は定員の10パーセント程度、総合学科・専門学科では定員の30パーセント程度が推薦選抜の枠となる。

一般選抜と同じ学力検査を受けるが、学力検査結果は合否には影響しない。