【中2生物】動物

WEB問題集【動物】

細胞のつくり

《解説》動物の細胞と植物の細胞

動物と植物の細胞 
★細胞:生命の基本単位で、英語cellは小さな部屋という意味も持つ。
★核:染色液(酢酸カーミン・酢酸オルセイン)に染まり、細胞の中にふつう1個あるもの。酢酸カーミンは赤色、酢酸オルセインは赤紫色に核を染める。
*染色液のはたらき:細胞の核を赤く染めて観察しやすくするはたらき。
★細胞膜:動物の細胞で外側を囲んでいるもの。植物の細胞で細胞壁の内側にあるもの。
★細胞質:細胞壁と核以外の部分で、核のまわりにある流動性の物質。
*核・細胞膜・細胞質の3つは、動物・植物に共通。

★細胞壁:植物の細胞で外側を囲んでいるもの。植物の体を支えるのに役立つ。
★葉緑体:緑色をした粒で、光合成が行われる部分。
・タマネギの表皮には葉緑体がない。なぜなら、地下にあり光合成を行わないから。ただし、葉の表皮にある孔辺細胞には葉緑体がある。
★液胞:細胞内の水分の量を調節したり、貯蔵物質や不要物をふくむ液
*細胞壁・葉緑体・液胞の3つは、植物のみ。

《問題演習》~間違えたらチェック☑ してくり返し~

仕切によって囲まれた一つ一つの部屋を何というか。
細胞
細胞を観察するときに使う染色液は何か。
酢酸カーミン
酢酸オルセイン
どちらでも可。
染色液によって、核が染められると何色になるか。
酢酸カーミン→赤色
酢酸オルセイン→赤紫色
染色液には、どのようなはたらきがあるか。
細胞の核を赤く染めて観察しやすくするはたらき。
細胞をとり囲むうすい膜を何というか。
細胞膜
細胞の中で、核や細胞壁以外の部分を何というか。
細胞質
光合成が行われる緑色の粒を何というか。
葉緑体
植物のからだの中で、葉緑体がない部分はどこか。
表皮細胞
植物細胞の中にある、細胞の中の水分の量を調節したりするふくろを何というか。
液胞
動物の細胞と植物の細胞に共通してあるものを3つ答えましょう。
核・細胞膜・細胞質
植物細胞のみに見られるものを3つ答えましょう。
細胞壁・葉緑体・液胞
細胞壁のはたらきを書きましょう。
植物のからだを支える

図のa~fの名称を答えましょう。
細胞のつくりの名称

a
b
細胞膜
c
細胞質
d
葉緑体
e
液胞
f
細胞壁

《解説》細胞を染色して顕微鏡で観察

細胞の観察

★写真を見て、何の細胞かわかるように!
A ヒトのほおの細胞 *形がくずれていて細胞壁がないとわかるから。染色液を使わないと観察しにくい。
B 植物の葉 *葉緑体がたくさん見られるから
C 植物の表皮 *葉緑体がないから
D 植物の葉の裏 *気孔が見られるから(孔辺細胞に葉緑体がある)

★顕微鏡
倍率を上げると、見える細胞の数は少なくなり、視野の明るさは暗くなる。

★プレパラート(スライドガラス+カバーガラス)の作り方
・カバーガラスをかぶせるとき、気泡が入らないように気を付ける。
・カバーガラスをかぶせて、水や染色液がはみ出したときは、ろ紙を使って水や染色液を吸い取る。

《問題演習》~間違えたらチェック☑ してくり返し~
下図で、A〜Cは、次のア〜エのどれを観察したものか。1つずつ選べ。
細胞の観察
ア、オオカナダモの葉
イ、ソラマメの茎の横断面
ウ、タマネギの表皮
エ、ヒトのほおの内側の粘膜

A
ア、オオカナダモの葉
B
エ、ヒトのほおの内側の粘膜
C
ウ、タマネギの表皮
酢酸オルセイン液などの染色液で染色しないと非常に観察しにくいと考えられる生物の細胞を上図のA~Cから選びなさい。
B ヒトのほおの内側の粘膜
カバーガラスをかぶせるとき,どのようなことに気をつけて操作しなければならないか。
気泡が入らないようにする。
カバーガラスから水や染色液がはみ出したとき,どのような操作をしなければならないか。
ろ紙を使って水や染色液を吸い取る。
下図で、もっとも大きい細胞はA~Cのうちどれか。
顕微鏡による実験
A 倍率が低いから、実際は一番大きい

下図で、光合成を行う細胞と、維管束を表しているものを図のA〜Gからすべて選びなさい。
葉のつくり

光合成を行う細胞
B,D,F
葉肉細胞(B,D)と孔辺細胞(F)には葉緑体があるため。
表皮細胞であるAには葉緑体がない。
維管束

《解説》多細胞生物と単細胞生物

具体例で覚えてしまおう!

★単細胞生物:からだが1つの細胞からできている生物のこと。

ミカヅキモ(光合成を行う)
クロレラ(光合成を行う)
ミドリムシ(光合成を行う)
アメーバ
ゾウリムシ
ツリガネムシ
*単細胞生物の生殖の方法を「分裂」という。
*動物の卵や精子も1個の細胞である。

★多細胞生物:からだがたくさんの細胞からできている生物のこと。

ミジンコ
ミミズ
マイマイ

★多細胞生物のからだのつくり(細胞→組織→器官→個体)

組織、器官、個体
細胞:生物のからだをつくる最小単位

組織:形やはたらきが同じ細胞が集まったもの 
例:表皮組織、道管、師管、筋組織

器官:いくつかの種類の組織が集まって一つのまとまった形を持ち、特定のはたらきをする 
例:根、茎、葉、花、心臓、胃、耳

個体:いくつかの器官が集まったもの
例:ヒト、植物

*単細胞生物には、もちろん「組織」や「器官」は作れない。

《問題演習》~間違えたらチェック☑ してくり返し~

1個の細胞からなる生物を何というか。
単細胞生物
多くの細胞からなる生物を何というか。
多細胞生物
生物の最小構成単位は何ですか。
細胞
形やはたらきが同じ細胞が集まったものを何というか。
組織
いくつかの種類の組織が集まって1つのまとまった形を持ち,特定のはたらきをする部分を何というか。
器官
いくつかの器官が集まってつくられているものを何というか。
個体
植物の表皮組織は,細胞,組織,器官,個体のどれにあてはまりますか。
組織
植物の根は,細胞,組織,器官,個体のどれにあてはまりますか。
器官
植物の道管は,細胞,組織,器官,個体のどれにあてはまりますか。
組織
動物の目は,細胞,組織,器官,個体のどれにあてはまりますか。
器官
動物の筋組織は,細胞,組織,器官,個体のどれにあてはまりますか。
組織
ゾウリムシには、器官や組織はあるか。
ない。
なぜなら、ゾウリムシは1つの細胞からなる単細胞生物だから。たくさんの細胞が集まらないと「器官」「組織」とは言えない。

消化と吸収

《解説》消化系器官の名称

消化系
消化:食物にふくまれる養分を分解して,からだの中に取り入れやすい成分に変えるはたらき
消化管:口から肛門までつながった1本の管のこと。口→食道→胃→十二指腸→小腸→大腸→肛門
消化系:消化のはたらきをする器官の総称(消化管+だ液せん,すい臓,肝臓など)
消化液:消化系から出される食物を分解する液の総称
消化酵素:消化液にふくまれていて食物を分解する物質

《問題演習》~間違えたらチェック☑ してくり返し~

食物にふくまれる養分を分解して,からだの中に取り入れやすい成分に変えるはたらきを何というか。
消化
消化のはたらきをする器官をまとめて何というか。
消化系

下図のA~Jの消化系の器官の名称を答えましょう。
消化系の問題

A
だ液腺
B
食道
C
D
肝臓
E
胆のう
F
すい臓
G
十二指腸
H
小腸
I
大腸
J
肛門

記述問題42

1 細胞壁のはたらきを書きなさい。
植物のからだを支える
2 デンプンは分解されてブドウ糖分子の連なったものになるが、そのことでどのような利点があるか。
粒が小さくなり、水に溶けやすくなる
3 消化液が食べ物を分解するのは何のためか、書きなさい。
食べ物を小さく分解し、吸収しやすくするため
4 食べ物をかむことで、どのような利点があるか。
食べ物を小さく分解することで表面積が大きくなり、酵素のはたらく面積が大きくなる

5 図のように試験管を4本用意し、AとBにはデンプンと水、CとDにはデンプンとだ液を入れた。AとCにヨウ素液を加えるとAが青紫色に、BとDにベネジクト液を加えある操作をするとDが赤かっ色になった。

デンプンの実験

① AとCの結果からわかるだ液のはたらきを書きなさい。
デンプンを分解する
② 下線部で行ったある操作とはどのような操作か。
加熱する
③ だ液を入れていないAとBの試験管を用意する理由を書きなさい。
だ液によって変化がおこるということを、確かめるため
④ 40℃の湯に入れる理由を書きなさい。
体温に近い温度で、消化酵素は最もよくはたらくから
7 胆汁のはたらきを書きなさい。
脂肪の消化を助ける
8 草食動物と肉食動物の目のつき方と、見え方の特徴についてそれぞれ書きなさい。
草食動物は目が横向きについていて広範囲を見わたすことができ、
肉食動物は目が前向きについていてえものまでの距離を正確にはかることができる
9 草食動物と肉食動物で発達している歯のつくりとはたらきを、それぞれ書きなさい。
草食動物は植物をかみ切るための門歯と植物をすりつぶすための臼歯が発達していて、
肉食動物はえものをしとめるための犬歯と肉を引き裂くための臼歯が発達している
10 小腸の内側には多数の柔毛があるが、どのような利点があるか。
表面積を大きくし、効率よく養分を吸収できる
11 肺は無数の肺胞が集まっているが、どのような利点があるか。
表面積を大きくし、効率よく気体を交換できる
12 静脈には弁とよばれるつくりがあるが、どのようなはたらきをするか。
血液の逆流を防ぐ
13 赤血球のはたらきを書きなさい。
酸素を運ぶ
14 白血球のはたらきを書きなさい。
細菌を殺す
15 ヘモグロビンのはたらきを書きなさい。
酸素の多いところでは酸素と結び付き、酸素の少ないところでは酸素をはなす
16 メダカを使って血液の流れを観察する時、メダカをどのようする必要があるか。
水で湿らせたガーゼで包む (水と一緒に袋の中に入れる)
17 16のような操作をするのはなぜか。
生きたまま観察するため

18 血液によって運ばれた養分が,どのようにして各細胞にいきわたるかを書きなさい。
血しょうが血管からしみだし組織液となり、細胞に養分をわたす
19 細胞は血液が運んできた物質を使って呼吸を行っているが、呼吸とはどのようなはたらきか。
酸素を使って、養分を水と二酸化炭素に分解するときに、生命活動に必要なエネルギーを作り出す
20 肺に入る前の血液と、出た後の血液はそれぞれどのような特徴があるか。
肺に入る前の血液は二酸化炭素を多く含んでいて、出た後の血液は酸素を多く含んでいる
21 図はメダカの尾びれの血管の様子を模式的に表したものである。右側が心臓で、左側が尾びれだと考えられる理由を書きなさい。
メダカ
左側に行くにつれて、血管が枝分かれしているから
22 肝臓のはたらきを3つ書きなさい。
養分をたくわえる、たん汁を作る、アンモニアを尿素に変える
23 体内で発生したアンモニアが尿として排出されるまでの流れを、「肝臓」「じん臓」という言葉を使って書きなさい。
アンモニアは肝臓で尿素になり、じん臓で尿となって体外へ排出される
24 暗い場所に行くと、目のひとみはどうなるか。理由とともに書きなさい。
光をたくさん取り入れるために、大きくなる
25 光が目に入ってから網膜上に像を結ぶまでの経路を「こうさい」「レンズ」という語を用いて、書きなさい。
こうさいの間を通った光は、レンズで屈折して網膜上に像を結ぶ
26 反射では通常の反応と比べ、反応が早くなる理由を書きなさい。
刺激が大脳まで伝わる前に、せきずいが大脳の代わりに全身の筋肉に命令を出すから
27 せきずいが直接筋肉に命令を伝える「反射」はどのようなことに役立つか。
危険から身を守る
28 図で腕を曲げた時、筋肉Aと筋肉Bはそれぞれどのようになるか。

筋肉

筋肉Aは縮み、筋肉Bはゆるむ(のびる)
29 骨のはたらきを2つ書きなさい。
からだを支える、内臓や脳を保護する

30 図のように、水を入れた容器の中にメダカを入れて実験を行った。
メダカの実験

① Aで手を近付けると、メダカはどのような動きをするか。
底のほうに逃げる
② Bで水をかき回すと、メダカはどのような動きをするか。
流れに逆らって泳ぐ
③ Cで模様を動かすと、メダカはどのような動きをするか。
模様と同じ方向に泳ぐ
④ BとCからメダカにはどのような性質があることがわかるか。
同じ場所にとどまろうとする性質
31 メダカを袋の中に入れてしばらくすると、水が酸性になった。理由を書きなさい。
メダカが呼吸によって排出した二酸化炭素が、水に溶けたから
32 魚類のえらが、くし型で、でこぼこした形になっている理由を書きなさい。
表面積を大きくし、酸素を効率よく取り入れるため
33 両生類の呼吸のしかたを、「子ども」「親」という語を用いて書きなさい。
子どもはえらで、親は肺で呼吸する
34 鳥類が魚類などと比べて産卵数が少ない理由を書きなさい。
親が子を育てるので、子が育つ割合が高いから

35 魚類は産卵数が多いにもかかわらず、個体数が増えすぎない理由を書きなさい。
成体になる前に、他の動物に食べられてしまうから
36 魚類・両生類と、は虫類・鳥類の卵の特徴を、卵を生む場所に着目してそれぞれ書きなさい。
魚類・両生類は水中に殻のない卵を生み、
は虫類・鳥類は陸上に殻のある卵を生む
37 ほ乳類は他の動物と違ってどのような子の生み方をするか。
母体内である程度育ってから生まれる(胎生)
38 変温動物はどのような特徴を持つか、書きなさい。
気温によって体温が変化する
39 昆虫は活動に適した温度より寒くなると、どのような行動をするか。
日光浴をする
40 カブトムシやチョウは、トンボやバッタと違い、育ち方にどのような特徴があるか。
サナギになる期間がある
41 節足動物の特徴を、2つ書きなさい。
体が外骨格でおおわれている、体と足に節がある
42 相同器官とはどのような器官か。
現在の形やはたらきは異なっていても、基本的なつくりが似ている器官

教科書の重要キーワード一覧

細胞


細胞質
細胞膜
細胞壁
液胞
葉緑体

細胞と組織・器官

単細胞生物
多細胞生物
組織
器官
個体

情報を受け取って判断仕組み

刺激
反応
感覚器官
感覚神経
運動器官
運動神経
中枢神経
末しょう神経
反射

栄養分を取り入れる仕組み

炭水化物
脂肪
タンパク質
消化
消化器官
消化管
消化液
消化酵素
吸収
排出

呼吸

肺胞
動脈
静脈
毛細血管
組織液
リンパ管
リンパ液
赤血球
血しょう
白血球
血小板
ヘモグロビン
肺循環
体循環
動脈血
静脈血

動物のなかま

セキツイ動物
無セキツイ動物
卵生
胎生
変温動物
恒温動物
甲殻類
節足動物
昆虫類
軟体動物
相同器官
進化