【中2国語】直実の流した涙─平家物語「敦盛の最期」─《学校の定期テスト過去問ダウンロード》教育出版

この記事で得られるもの
・定期テストの過去問ダウンロード
・【最新】実際に90点以上取っている生徒の学習方法《優秀な生徒の共通点》
・その他、ライバルに差をつけるチート情報
中2生徒様優秀答案(敦盛の最期、枕草子、徒然草)

中2生徒様優秀答案(敦盛の最期、枕草子、徒然草)

生徒に良い点数をとらせることができているのは、教科書や学校の先生ノートを読み込んでインプットした後に、学校のワーク(問題集)を早めに終わらせて、定期テスト過去問と入試問題まで解かせているからです。

是非、ページの最後までお読み下さい。

教科書本文

直実の流した涙──平家物語「敦盛の最期」──

 『平家物語』は、平家一門の興亡のありさまや、源氏との激しい合戦を描いた物語です。この物語は、次のような文章で始まっています。

祇園精舎

 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

 祇園精舎の鐘の音には、諸行無常の響きがある。沙羅双樹の花の色は、盛者必衰の道理を表している。おごりたかぶっている人も長くは続かない、(それは)まるで春の夜の夢のようだ。力の強い者もいつかは滅びてしまう、(それは)全く風の前の塵と同じだ。

 ここで語られているのは、どのような栄華も永遠に続くことはなく、必ず滅びる時が来る、という仏教的な思想です。それは「無常」という言葉に集約することができるでしょう。次に紹介する「敦盛の最期」にも、そのような思いを見ることができます。

 京の都で栄華を極めていた平家を討ち破るため、源頼朝は東国の武士たちに呼びかけて挙兵しました。そして、平清盛の死後統制が失われつつあった平家を、ついに寿永二(一一八三)年七月、都から西国へと追いやりました。その後、平家は勢いを盛り返し、都を奪還しようと、須磨の一の谷に兵を集結してきました。それを撃破しようと、源範頼・義経を大将とする源氏の軍勢が向かいました。その中には、武蔵の国の住人、熊谷次郎直実がいました。寿永三年二月七日の早朝、直実は息子の小次郎とたった二騎で、平家の陣に攻め入りました。大将の命令を待たずに行動したのは、人よりも先に手柄をあげるためでした。直実と小次郎とは、勇猛に戦い、多くの敵の兵を討ちとりましたが、小次郎は左腕を負傷してしまいました。
 その後、両軍が相対しての激しい合戦となりましたが、義経の率いる軍勢が一の谷の後方から急な坂を下って攻め込むと、平家は総崩れとなって海上へ逃れました。やや遅れて、海へ馬を乗り入れた平家の武将に、直実が、
「平家の大将軍とお見受けした。卑怯にも敵に後ろ姿をお見せになるのか。引き返されよ。」
と声をかけると、その武将は引き返してきました。

敦盛の最期

 汀にうち上がらんとするところに、おし並べてむずと組んでどうど落ち、とつておさへて首をかかんと甲をおしあふのけて見ければ、年十六七ばかりなるが、薄化粧して、かねぐろなり。わが子の小次郎がよはひほどにて、容顔まことに美麗なりければ、いづくに刀を立つべしともおぼえず。
「そもそもいかなる人にてましまし候ふぞ。名のらせたまへ。助けまゐらせん。」
と申せば、
「なんぢはたそ。」
と問ひたまふ。
「物そのもので候はねども、武蔵の国の住人、熊谷次郎直実。」
と名のり申す。
「さては、なんぢにあうては名のるまじいぞ。なんぢがためにはよい敵ぞ。名のらずとも首をとつて人に問へ。見知らうずるぞ。」
とぞのたまひける。
 熊谷、「あつぱれ、大将軍や。この人一人討ちたてまつたりとも、負くべきいくさに勝つべきやうもなし。また討ちたてまつらずとも、勝つべきいくさに負くることもよもあらじ。小次郎が薄手負うたるをだに、直実は心苦しうこそ思ふに、この殿の父、討たれぬと聞いて、いかばかりか嘆きたまはんずらん。あはれ助けたてまつらばや。」と思ひて、後ろをきつと見ければ、土肥、梶原五十騎ばかりで続いたり。熊谷涙をおさへて申しけるは、
「助けまゐらせんとは存じ候へども、味方の軍兵、雲霞のごとく候ふ。よものがれさせたまはじ。人手にかけまゐらせんより、同じくは、直実が手にかけまゐらせて、後の御孝養をこそつかまつり候はめ。」
と申しければ、
「ただとくとく首をとれ。」
とぞのたまひける。
 熊谷あまりにいとほしくて、いづくに刀を立つべしともおぼえず、目もくれ心も消えはてて、前後不覚におぼえけれども、さてしもあるべきことならねば、泣く泣く首をぞかいてんげる。
「あはれ、弓矢とる身ほど口惜しかりけるものはなし。武芸の家に生まれずは、何とてかかる憂きめをばみるべき。情けなうも討ちたてまつるものかな。」
とかきくどき、袖を顔に押しあててさめざめとぞ泣きゐたる。やや久しうあつて、さてもあるべきならねば、鎧直垂をとつて、首を包まんとしけるに、錦の袋に入れたる笛をぞ、腰にさされたる。
「あないとほし、この暁、城の内にて管絃したまひつるは、この人々にておはしけり。当時味方に、東国の勢何万騎かあるらめども、いくさの陣へ笛持つ人はよもあらじ。上﨟は、なほもやさしかりけり。」
とて、九郎御曹司の見参に入れたりければ、これを見る人、涙を流さずといふことなし。
 後に聞けば、修理大夫経盛の子息に大夫敦盛とて、生年十七にぞなられける。
それよりしてこそ熊谷が発心の思ひはすすみけれ。

 平家は一の谷の敗戦の後、四国の屋島に逃れていきました。義経は、一年ほどかけて水軍を整え、平家の背後から急襲し、瀬戸内海に追いやることになります。そして、およそ一か月の後、壇の浦で最後の決戦を行い、平家は敗れ、主だった武将たちは海中深く沈みます。それは、文治元(一一八五)年三月二十四日で、平清盛が太政大臣に任ぜられてから十八年後のことでした。

【中2国語】直実の流した涙─平家物語「敦盛の最期」─《学校の定期テスト過去問ダウンロード》

過去問プリントダウンロード↓↓
直実の流した涙─平家物語「敦盛の最期」─

中2生徒様優秀答案(随筆の味わい、孔子の言葉、敦盛の最期)

中2生徒様優秀答案(随筆の味わい、孔子の言葉、敦盛の最期)

テストで90点以上が取れる学習手順

国語のテストで90点以上が取れる学習手順
1、教科書ガイドを使って、本文を読み込む。
2、学校のワーク(問題集)をテスト1週間前までに解き終わり基本を身につける。
3、定期テスト過去問を解く。

国語の定期テストについては、教科書内容をいかに理解するかにつきます。
ストーリーを暗記するほど、教科書を読み込みましょう。

そのために、教科書ガイドを購入することをおススメしています。

教科書ガイド 教育出版版完全準拠 伝えあう言葉(中学国語2年)がおススメです。

似たような問題集がたくさんありますが、国語についてはこちらの問題集だけ私はおススメしてます。

Amazonで2000円ほどで買えるので、おススメです。1回のランチ代をガマンして、通知表を上げる教材を早めに用意しましょう。

私がおすすめするのはこの問題集だけ。
予算に余裕があれば、ご検討ください。 教科書ガイド 教育出版版完全準拠 伝えあう言葉(中学国語2年)↓↓

その他:9科目《学校の定期テスト過去問ダウンロード》

受験×ガチ勢×チート【WEB問題集サイト】では、9科目【国語・数学・理科・社会・英語・技術家庭科・美術・保健体育・音楽】すべての科目について、過去問をダウンロードできるようにしています。
お探しの科目・単元名がありましたら、サイト内検索をしてみて下さい。
お役に立てれば幸いです。

★受験×ガチ勢×チート【WEB問題集サイト】
サイト内検索↓↓

「Google 提供」をクリックすると入力できます。
入力例: 連立方程式、保健体育、明治時代、2学期中間テスト、動詞の活用 など自由に。

お問い合わせはこちら

受験×ガチ勢×チート™【WEB問題集サイト】では、すべては子供たちの成績向上のために、命をかけて活動しています。
何かご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。