【高1国語】漢文:送元二使安西《学校の定期テスト過去問ダウンロード・問題演習・現代語訳と解説》

他の科目も受験ガチ勢チートで定期テスト対策をしよう!
★数学1Aはこちら

定期テスト攻略「送元二使安西」

まずは音読して、意味を理解しよう

ナレーションを繰り返し聞いて覚えましょう。

【タイトル原文】送元二使安西
【書き下し文】元二(げんじ)の安西(あんせい)に使ひするを送る
【現代語訳】元二が、公務のために西安都護符へ出かけるのを見送って
【用語チェック】
元二」:人物名。「元」は姓をさし、「二」は排行(はいこう:一族のうちで、同世代(兄弟やいとこ)のものを年齢順に番号で呼んだもの)。人を番号で呼ぶことは失礼に思えるが、親しい間柄では排行が使われた。

左から順に、安西、陽関、渭城の位置

左から順に、安西、陽関、渭城の位置

【原文】渭城朝雨浥軽塵
【書き下し文】渭城(いじょう)の朝雨(ちょうう) 軽塵(けいじん)を浥(うるお)す
【現代語訳】渭城の朝の春雨は、細かい土ぼこりをもしっとりと湿らせる
【用語チェック】「渭城(いじょう)」:漢の時代以降の都市の名前であり、秦の時代では咸陽(かんよう)として都だった場所。唐時代の都である長安(現在の西安)の北西の郊外の場所に位置しているため、西へ旅立つ人をこの都市で見送る習慣があった。

【原文】客舎青青柳色新
【書き下し文】客舎(かくしゃ) 青青(せいせい) 柳色(りゅうしょく) 新たなり
【現代語訳】旅館のあたりに、青々とした柳の色が雨に濡れていっそう鮮やかである
【用語チェック】
「客舎(かくしゃ)」:旅館、送別の宴会場
「青青(せいせい)」:青々と柳の木が茂っている様子。柳色(やなぎいろ)とは、やや白味がかった黄緑色のこと。
「柳」:中国では送別のときに、柳の枝を輪にして贈り、別離を悲しんで旅の平安を祈るという風習があった。

【原文】勧君更尽一杯酒
【書き下し文】君に勧(すす)む 更に尽くせ 一杯の酒
【現代語訳】さあ君よ、どうかもう一杯この酒を飲みほしたまえ

【原文】西出陽関無故人
【書き下し文】西のかた陽関を出(い)でなば 故人無からん
【現代語訳】ここから西、陽関を超えたならばもうこのように酒をくみかわす古くからの友人もなくなるであろうから。
【用語チェック】
「陽関(ようかん)」:関所のこと。西域に通じる関門だった。
「故人(こじん)」:古くからの友人。亡くなった人ではないので注意。

問題にチャレンジ

「送元二使安西」の作者は誰か。
王 維(おうい)
同時代の詩人李白が“詩仙”、杜甫が“詩聖”と呼ばれるのに対し、その典雅静謐な詩風から詩仏と呼ばれ、南朝より続く自然詩を大成させた。
「柳色新」とあるが、なぜか。
朝の雨によって、砂ぼこりがすっかり洗い流されたため。

定期テストで90点以上が取れるコツ

テストで90点以上が取れる学習手順まとめ
1、学校のワーク(問題集)をテスト1週間前までに解き終わり基本を身につける。
2、定期テスト過去問を解く。
3、入試問題(正答率20%以下)を解く。

定期テスト過去問を解くだけでも、十分な得点を狙えます。

しかし、満点を狙いたい方へ。
学校の先生によっては、100点を防ぐために、入試問題まで出題される方がいらっしゃいます。

受験ガチ勢チートでは、受験のプロが完全無料で、入試問題を丁寧にわかりやすく解説しています。
是非、チャンネル登録をお願いいたします↓↓

【Youtube】受験ガチ勢チート

その他:9科目《学校の定期テスト過去問ダウンロード》

受験×ガチ勢×チート【WEB問題集サイト】では、9科目【国語・数学・理科・社会・英語・技術家庭科・美術・保健体育・音楽】すべての科目について、過去問をダウンロードできるようにしています。
お探しの科目・単元名がありましたら、サイト内検索をしてみて下さい。
お役に立てれば幸いです。

★受験×ガチ勢×チート【WEB問題集サイト】
サイト内検索↓↓

「Google 提供」をクリックすると入力できます。
入力例: 方程式、保健体育、明治時代、2学期中間テスト、動詞の活用 など自由に。

お問い合わせはこちら

受験×ガチ勢×チート™【WEB問題集サイト】では、すべては子供たちの成績向上のために、命をかけて活動しています。
何かご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。