【中3国語】挨拶―原爆の写真によせて《定期テスト対策》過去問演習

受験指導歴20年以上のプロである、受験ガチ勢チートが応援させていただきます。

人気記事:国語聞き取り・リスニング問題対策はこちら

【中3国語:春に、実力問題】優秀答案

【中3国語:春に、実力問題】優秀答案

教科書&過去問演習

挨拶――原爆の写真によせて
石垣りん

あ、
この焼けただれた顔は
一九四五年八月六日
その時広島にいた人
二五万の焼けただれのひとつ

すでに此の世にないもの

とはいえ
友よ
向き合った互の顔を
も一度見直そう
戦火の跡もとどめぬ
すこやかな今日の顔
すがすがしい朝の顔を

その顔の中に明日の表情をさがすとき
私はりつぜんとするのだ

地球が原爆を数百個所持して
生と死のきわどい淵を歩くとき
なぜそんなにも安らかに
あなたは美しいのか

しずかに耳を澄ませ
何かが近づいてきはしないか
見きわめなければならないものは目の前に
えり分けなければならないものは
手の中にある
午前八時一五分は
毎朝やってくる

一九四五年八月六日の朝
一瞬にして死んだ二五万人の人すべて
いま在る
あなたの如く 私の如く
やすらかに 美しく 油断していた。

過去問演習

「この焼けただれた顔」とあるが、この顔と対照的に表現された顔を二つ、詩の中から抜き出しなさい。

解答表示
すこやかな今日の顔
すがすがしい朝の顔

作者が「りつぜんとする」のはなぜか。

解答表示
(例) 平和であることに慣れすぎて、確実に近づいている戦争気配にあまりに無関心な人々の未来。
(例) かつて原爆が投下されたときと同様に、今も危機感をもっていないことに不安を感じたから。

午前八時一五分は/毎朝やってくるとあるが、この表現と同様のメッセージを含んだ部分を詩の中から一行で抜き出しなさい。

解答表示
生と死のきわどい淵を歩くとき

この詩は、口語定型詩と口語自由詩のどちらか。

解答表示
口語自由詩

作者がこの詩を書くきっかけになったのは、どんなことか。

解答表示
原爆の写真を見たこと。

作者は「午前八時十五分は/毎朝やってくる」という表現で、どんなことを言いたかったのか。

解答表示
(例) かつて広島に起こった悲劇が、いつまた起きても不思議ではないということ。

この詩で作者はわたしたちに何を訴えかけていますか。

解答表示
平和に見える今も、一九四五年八月六日と変わらない。

テストで90点以上が取れるコツ

テストで90点以上が取れる学習手順まとめ
1、学校のワーク(問題集)をテスト1週間前までに解き終わり基本を身につける。
2、定期テスト過去問を解く。
3、入試問題(正答率20%以下)を解く。

定期テスト過去問を解くだけでも、十分な得点を狙えます。

しかし、満点を狙いたい方へ。
学校の先生によっては、100点を防ぐために、入試問題まで出題される方がいらっしゃいます。

受験ガチ勢チートでは、受験のプロが完全無料で、入試問題を丁寧にわかりやすく解説しています。
是非、チャンネル登録をお願いいたします↓↓

【Youtube】受験ガチ勢チート

【中3国語:春に、新しい博物学、放送問題】優秀答案

【中3国語:春に、新しい博物学、放送問題】優秀答案