千葉 県 高校 入試 前期 後期 違い

試験本番関係

全国公立高校入試【数学・単元別・正答率50%以下】千葉前期・後期2019

正答率6.9% 底面の半径と高さがともに10 cmの円錐の形をした容器Aがあり、図は、水面の高さが9 cmになるまで水を入れたものである。 その中に底面の半径が4 cmの円柱の形をしたおもりを,底面を水平にして静かに沈めると,容器Aから水があふれ出たあと,円柱の形をしたおもりの底面と水面の高さが等しくなった。 このとき,容器Aからあふれ出た水の体積を求めなさい。 解答方針 (あふれた水の体積) =(高さが9 cmの円錐の体積)+(半径が4 cmの円柱の体積)-(10 cmの円錐の体積)
2021.09.03